☆諦めてた「ドアと床の隙間がない」解消

 

image

 

1️⃣最近の家はバリアフリーで、ドアと床との隙間がなく、

カーペットを全体に敷くことが出来ないことが問題ですね!

①部分敷きにしている家庭が多いようです?!

②ドア部分だけカットする

③ドアを削る

 

☆☆☆解決策を披露します☆☆☆

 

 

image

 

2️⃣ドア取り付け部分の丁番に、ワッシャーを入れて、

床とドアの隙間を作って、カーペットを全体に敷くことが、

可能になります!

隙間は、大体3~5㎜が多いようです

7~10㎜にする必要があります

ドアの上の隙間は7~8㎜ありますのでワッシャーが

2・3枚入ります

 

 

image

 

3️⃣ドアの下までカーペットを敷くことが大事です

大丸カーテンの得意な、現場カットロックでお部屋に

カーペットを敷くことが出来ました

クローゼツトも出来ました

現場でカーペットをカットして、その場でミシンを使い

ロックして行きます〜お部屋にピッタリ出来上がります

 

 

 

image

 

4️⃣ドア本来の使い方でないので、ワッシャーの入れ込みは、

お客様にお願いしております

十分な理解をして頂いて、施工させて頂きます

 

☆☆☆解決策☆☆☆

いかがでしょうか?

 

 

これは     みよし市三好ケ丘     K邸   での事例です


商品に関するご質問・ご要望などお気軽にお問い合わせください。

株式会社 大丸カーテン

〒441-3104 愛知県豊橋市雲谷町ハシヅメ3-153
営業時間/10:00~19:00

お問い合わせフォームはコチラ

大丸カーテン